CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
カウンター
ブログパーツUL5
最近のエントリー
最近のコメント
カテゴリ
アーカイブ
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

自棄じゃけん。

自棄酒マンのブログ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | |
松田町 寄
寄木村は戸数二百八十 一村挙りて親属のごとく村長をば親父と呼び吉凶相訪ひ患難相済ひ訴訟なく盗賊なくはた租に不納なくさながら太古の民のごとし村長安東氏はまた村民を視ること我が子のごとく村の利益を視ること我が家の利益よりも篤く名主と呼びし時より今日に至るまで四十餘年一日のごとく上下相忘るゝありさまは眞に自治の村とぞいうべき
(井上毅 『梧陰存稿』より)

 その位置だけをとれば、今なおまごうことなき牘地瓩任△襦しかし、新松田駅との間に路線バスが平日往復計34本も通じている。この地区の人々にとって自家用車以外でまちに出る手段は路線バスしかないのだから、これくらいの本数のバスが出ていて当たり前なのかもしれない。しかし今は当たり前が当たり前にならない世の中である。バスの来なくなってしまった山里が多数存在する中でこれは快挙であろう。昭和9年には寄村が新松田との間に村営自動車を運行させたというから、この路線の歴史は古い。
 書き忘れた。「寄」と書いて、公式には爐笋匹蠅瓩汎匹燹しかし、富士急湘南バスの車内テープでは爐笋匹蠅瓩肇▲淵Ε鵐垢気譟△気蕕砲廊爐笋匹蹐瓩箸い人もいる(峠向こうの秦野市ではみなそう呼んでいた)。
 これだけ交通の便のいい寄であるが、今回私が訪ねたのは生涯で2回目である。前回はもう30年前、秦野市立西小学校4年の秋の遠足で秦野市三廻部から中山峠を越えて寄に下って以来のことだ。松田町との間に車道が通じる前は、こちらのルートこそが爐泙銑瓩惱个詬0譴亮蠱覆世辰燭修Δ澄
 今も約800世帯、2500人が暮らす寄地区、酒屋も2軒ある。今回はここを訪ねてみることにしよう。

続きを読む >>
| 酒屋奥地紀行 | 16:13 | comments(6) | |
足柄上郡大井町 山田
 もうずいぶん前、拙サイト内「地酒の真実」−「箱根山」の項で、第一生命大井本社ビルについて簡単に紹介した。あの巨大なビルがそびえる場所が「大井町山田」である。もっとも本社ビルが建っているのは丘陵上であって実際には丘の麓にのどかな山里が広がっており、たとえばJR御殿場線の上大井駅からその「山田の郷」を訪れるには、山間の急坂を登って行かねばならない(その、上大井と山田を結ぶ車道が通じたのは昭和25年のことである)。今回は、電車の窓からは決して見ることができない「山田の郷」を訪問した。
 さて、山田の郷へのアクセス。一応地区内をバスが通っているのだが平日朝夕のみ。前述のとおり上大井駅から歩けば30分くらいだろうか。ただし急坂なうえに車が結構走っているから、決して愉しい山歩きとはいえない。
 いちばん無難なのが、新松田駅から富士急バス「いこいの村あしがら」行きに乗って「上山田」バス停で下車するルート。ちょうど集落の北の端で降りる形になるが、運転本数は非常に少ないので事前に時刻確認が必要である。
 もうひとつの手として、東名ハイウェイバスを利用して「東名大井」で降りる方法がある。集落からはちょっと離れているが運転本数が多いので便利。今回私はこの手段を採った(東名秦野→東名大井の1区間のみ乗車、190円)。
続きを読む >>
| 酒屋奥地紀行 | 17:49 | comments(0) | |
足柄上郡中井町 境
 タウンページで「酒店」の「中井町」の項を調べると、登録されているのは2軒のみである。実際には町内に酒を扱う小規模な食品スーパーが数軒あり、そのうち1軒は店頭にカップ酒自販機(「国盛」)を置いてあるのでその出自は間違いなく酒屋だったと思うのだが、とにかく現時点で純然たる犲魏悪瓩覆里歪内2軒だけということだ。
 そのうちの1軒は下井ノ口、秦野と二宮を結ぶバス道路(昔は軽便鉄道が走ってたそうな)沿いにあり、このあたりには珍しく新潟の「白龍」の看板を掲げている。
 問題はもう1軒のほうだ。大字境。足(柄)上郡と大住郡の境界、つまり中井町と秦野市の境目あたりに位置するというわけで、今は秦野駅〜震生湖経由〜比奈窪のバス路線が1日数本通じている。私もこの路線は過去2,3回乗ったことあるが、秦野側はともかく中井町側の沿線風景がどんな感じだったかの記憶がおぼつかない。とにかく町の中心部から外れた地域であるのはたしかであり、そんな場所にある酒屋がどのような佇まいを見せているか、訪ねてみたくなった。
 境へのアクセス、二宮からバスで比奈窪まで出、そこで上記秦野駅行き(震生湖経由)に乗り換えてもいいのだが、今回は秦野の方から乗ってみることにした。
 秦野駅を出発したバスは市街地を抜けて左折し小田急の踏切を渡る。南公民館、白笹稲荷といった私には懐かしいバス停を通過し、間もなく峯坂の急な登り。車窓からは丹沢山塊や秦野市街、それに富士山が一望できる。
「震生湖」バス停で行楽客は大体降りる。湖の由来についてはいろんなところに書いてありますので説明は省きますが、まあ狷本三大がっかり湖瓩里劼箸弔貌るかも知れません。とりあえず、湖ではなく池だと思って訪ねれば結構愉しめます。
 ここからは一転下り坂となる。バスは片側1車線の新道を離れ旧道に入って行くのだが、これがもう凄まじい。対向車がきたらどうすんだよというくらいの道幅、片側は崖。ガードレールなんてないのでもしものことがあったら・・・と不安になるがそこは熟練の運転士さんの軽快なハンドル捌きで何事もなく下って行く。このあたり「後窪」「水無窪」とバス停が続くが、秦野や中井、それにお隣大井町には犒Ν瓩里弔地名が非常に多い。事実、窪地のような場所に集落が形成されているわけである。
 いったん新道に合流するも、すぐに再び細〜い旧道に入る。いやあもうほんと狭隘マニアにはたまらない路線であります。古い民家の間を擦り抜けて「本境」停留所に到着。目指す酒屋はもう少し先なのだが、ここで下車。
続きを読む >>
| 酒屋奥地紀行 | 21:06 | comments(0) | |
青梅市 小曽木街道に沿って
 このカテゴリのネタになりそうな場所を「インターネットタウンページ」を使って調べていたら、青梅市のある地域が目に惹いた。市の屋台骨といえるJR青梅線のはるか北側の道路沿いに、ポツンポツンと3軒、酒屋が点在しているようなのだ。道の名は、小曽木街道という。
 地図上は相当に辺鄙に感じられる場所なのだが、都営バスが通じているだけでなく、埼玉県飯能〜青梅市河辺を結ぶ西武バスも当街道を走っており、需要の高い路線であることが伺える(Wikipediaの「西武バス飯能営業所」に、本路線についての秀逸な解説がある)。
 そこで、西武線飯能駅からバスに乗って当地を訪ねてみることにした。
 飯能駅を発車した西武バスは市街地を抜け、「天覧山」の蔵元を右手に眺めるとまもなく入間川を渡る。やがて西に大きく向きを変え、入間川の支流・成木川の河岸段丘上の山道を疾走、県境を越えて東京都青梅市に入れば間もなく「岩井堂」バス停。ここで下車。
 目指す酒屋の1軒目は、このバス停の目と鼻の先にある。



 
続きを読む >>
| 酒屋奥地紀行 | 11:24 | comments(0) | |
小田原市久野(欠の上)
爐泙銑瓩らちょっと離れたところにある酒屋のあたりを訪ねてみようという企画です。

 久野といっても、その区域はとても広い。小田急線足柄駅が位置するのも久野だし、私が2か月に一度通院している市立病院があるのも久野だ。 
 ちょうど、市立病院の前も通る伊豆箱根バス・フラワーガーデン行きに乗り、久野川橋を渡ってJTの工場のところを左折すると、道幅が一気に狭まり、登り勾配となる。久野の里は北条氏ゆかりの古刹や石仏の点在する、のどかな山里である。
 目指す酒屋は欠の上(かきのうえ)地区、「山聖(やましょう)」という。昭文社の都市地図にも載っているが、犲鯏広瓩般召ついていないから、何屋なのかは地元の人以外わかるまい。
 店は、「子ノ神入口」バス停のまん前にあった。

「配達大好き」「生ビールサーバー無料貸出中」、ずらりと並ぶ大型自販機(カップ酒は「月桂冠」が入っていた。余談だが小田原市内の酒屋の自販機で売られているカップ酒は「月桂冠」が圧倒的に多いと思う)など、地元に溶け込んだ酒屋さんと見受けられた。
続きを読む >>
| 酒屋奥地紀行 | 18:50 | comments(2) | |
<< | 2/2PAGES |