CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
カウンター
ブログパーツUL5
最近のエントリー
最近のコメント
カテゴリ
アーカイブ
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

自棄じゃけん。

自棄酒マンのブログ。
<< みくるべ | main | 人参とか椎茸とか油揚げとかを白菜で巻いて蒸したの >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | |
軍艦盛り合わせ@ヨコサン三崎東岡店
 先週に引き続き、三崎にやってきた。
 先日寿司を買ったFuji三崎店よりもさらに港寄り、京急バス三崎東岡バスターミナルのはす向かいに、ヨコサン三崎東岡店がある。ヨコサン(経営母体:ユニオネックス株)由緒正しき地場スーパーなのだが近年営業譲渡があったりして、かつて高級食品スーパーとして威容を誇った元町ユニオンも、現在はグループの一角に収まっている。
 先週店内の下見は済ませていたので、大体の見当はついている。店は、そんなに広くない。とはいえさすがは港町というべきか、寿司コーナーはかなり充実していた。握りの盛り合わせだけでも手を変え品を変え6種類ほど(一番高級なやつは1000円超だった)、うちスタンダードクラスの3アイテムには三浦半島の地名、「油壺」「荒崎」「長井」の名称が付けられていた。まことに地場スーパーらしくてよろし。
 なのに、である。鮮魚コーナーの産地表示、県内産のものは全部「神奈川産」でくくられてしまっていた。先述のFuji三崎店では「佐島」「三崎」と、水揚げされた港名が表示されていた。まあ地元の目の超えたお客さんに対していちいち詳しい表示をするのは釈迦に説法なのかもしれないが、ちと残念。
 さて、三崎のスーパーで寿司買うのも今回が最後だろうから、やはりまぐろ絡みのものを。ということでネギトロ軍艦巻と鉄火巻がセットになったやつをチョイス。もう一品加えたいところだがちょっと喰い過ぎなりそうなので青物惣菜を買うにとどめる。
 店を出て坂道を5分も下れば、そこは三崎港。平日といえどもまぐろ目当ての観光客がいっぱいいる。しかし、完全に街全体がまぐろ一色に染まってしまったなあ。他にも近海魚が揚がるだろうに、ほぼ冷凍ものであろうまぐろばかりクローズアップされるのは、果たして幸福なことなのだろうか。
 港周辺の喧騒を避け、歌舞島公園へ。小高い丘になっていて、上からの眺めはなかなか良い。テーブルも2つあり、弁当広げるのにも好適であるわけだが・・・。

軍艦盛り合わせ 398円
菜の花ピーナッツ和え 259円

 ネギトロ軍艦は申し分なし。鉄火巻のほうは、海苔が硬くて食感がいまひとつ。先日のかんぴょう巻でも感じたことだが、案外海苔巻きというのは出来不出来の差がつきやすいのかもしれない。
 さて、ここ歌舞島公園。眺めはいい。テーブルとベンチも完備されている。なのに私の心は晴れない。その理由は、周囲に散乱するゴミにある。
 公園内のベンチの周りには弁当ガラや空き缶、それにタバコの吸殻が相当転がっている。公園に取り付く雑草に覆われた坂道はもっとひどく、さながら不法投棄現場の様相を呈している。少なくとももう何年も、ここが清掃された形跡はない。ちなみに雑草の坂道の反対側の舗装された坂を下ると地域住民施設「白石区歌舞島会館」があり、私が訪ねた際もおじさんが建物まわりの掃除をしていたが、坂の上の現況については諦めているのか無関心なのかのどちらかなのだろう。
 ゴミは持ち帰れ。まったくもって正論である。ただ、正論だけでは世の中立ち行かないのもまた真実である。汚い場所を使用する人間は自らも汚く使う、日常生活でも思い当たる場面は多々ある。しかし、もしここにゴミ箱のひとつも設えてあれば、ポイ捨てをする輩の数は激減するはずである。現に先週金曜日に昼飯を喰った横浜市の海の公園、分別式ゴミ箱があちこちに置かれていて、やはりそういう場所では放置ゴミはほとんど見当たらなかった。
 ゴミ箱を置けば誰かが収集しなくてはならないから手間がひとつ増えるのは間違いない。だからなにがなんでも置くべきだと主張することは、できない。ただ、三浦市が観光に主眼を置いたまちづくりを推進するのであれば、代表的な景勝地がゴミまみれであることは街のイメージダウンにつながる事態と受け止め、行政サイドがなんらかの対策をとるべきではなかろうか、私はそう思う。
 
| スーパーの寿司を喰い倒す | 20:49 | comments(0) | |
スポンサーサイト
| - | 20:49 | - | |