CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
カウンター
ブログパーツUL5
最近のエントリー
最近のコメント
カテゴリ
アーカイブ
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

自棄じゃけん。

自棄酒マンのブログ。
<< まぐろたたき中巻+サバ姿寿司@Fuji三崎店 | main | みくるべ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | |
アナゴ握り@Aコープ金沢店
 週に3日も寿司を喰うのも人としていかがなものか、とも思うのです。
 一応年間100食を目標としていて、週2回コンスタントに喰い続ければ辛うじてクリアできる、しかし今後天候不順や不測のアクシデント等によりノルマをこなせないことも絶対あるはずだ。それなら喰えるときは週3食こなしておこう、というわけで。本当はもっとあちこちの都府県に遠征したいのだが、なにぶん今は懐具合に問題を抱えているため、当面は近場中心になりそうです。
 横浜市金沢区。金沢漁港・柴漁港を擁する。アナゴやシャコが名物。で、金沢区役所の近く、公団マンションの1階に店のあるAコープへ突撃。
 いつものように、まず鮮魚売場をチェック。冷蔵ケースには「神奈川の地魚」と立看が掲げられているも、ざっと見たところそれらしきブツはなし。たまたま今日は仕入れがなかったのだろうか。とりあえず近海ものでは千葉のアナゴ、ミル貝あたりが目立つのみ。
 寿司コーナー。充実しているといえば充実していた。通常の握りセットのほか、単独ネタ5〜6カンのものが貝、エンガワ、イカ、アナゴ等各種あり。ただ、得てしてこう、バラエティ豊か過ぎるケースではもひとつな結果に終わることもあるのだけど。
 とにかくも、近海ものに敬意を表してアナゴ握り、それに稲荷+かんびょう巻(つまり、助六寿司)をチョイス。あとは惣菜だが自店製の品は揚物のみのようなので、困ったときはコロッケ1ヶということで野菜コロッケをカゴに入れてレジへ。あ、「秋田誉」本醸造カップも買いました。
 店のまん前にもちょっとした公園があるがお子様たちが占拠、ついては住宅街を10分ほど歩く。そこは海の公園。対岸は八景島シーパラダイス。

アナゴ握り 398円
稲荷かんぴょう巻 208円
野菜コロッケ 88円
秋田誉 本醸造カップ 198円

 かんぴょう巻の海苔が、ちと硬くていまいち。あとはなかなかのお味であった。
 全部喰い終わった後でアナゴ握りの空容器をひっくり返してラベルの原材料を見たら・・・「あなご(中国)」だって。ああ、やってもうた。いや、もしかしたら中国ってのは広島、あなごの名産地である宮島のものかも・・・なわけないか。
| スーパーの寿司を喰い倒す | 20:43 | comments(0) | |
スポンサーサイト
| - | 20:43 | - | |