CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
カウンター
ブログパーツUL5
最近のエントリー
最近のコメント
カテゴリ
アーカイブ
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

自棄じゃけん。

自棄酒マンのブログ。
<< 山北町奥地の酒屋 | main | まぐろたたき中巻+サバ姿寿司@Fuji三崎店 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | |
花祭り@相鉄ローゼン鵠沼店
 今回は神奈川県を代表するスーパーマーケットチェーン、相鉄ローゼンの寿司を喰う。
 相鉄ローゼンといえば私のアパートから徒歩圏内に店舗があるので以前は頻繁に利用していた。最近はマックスバリュ(開成駅前店)がメインになってしまい、すっかりご無沙汰になってしまったが、やはり神奈川篇のトップを飾るに相応しいのはローゼンだろう。ということで、近所の店舗で寿司買って部屋で喰ってもいいんだけど、犁港に近い店舗瓩鰺ダ茲箸いΔ海箸如藤沢市の鵠沼店まで出かけてきた。小田急江ノ島線の鵠沼海岸駅で降り、商店街を歩いて5分ほどのところのようだ。片瀬漁港まで直線距離で1.9km。
 店は、思いのほか小さかった。マンションの1階が店舗になっているのでやむを得ないところか。まず、鮮魚コーナーを覗いて地物があるかチェック。うーん、「東京湾産」の真アジがある程度、このあたりの名物であるイセエビやサザエなどの姿はなく(時季外れだからか)シラスも静岡産のものしか置かれていなかった。まあ私も相鉄ローゼンではずいぶんと魚を買ってきたから、あんまり地物は扱わないということは経験的に感じ取っていた。藤沢の店ならも少し充実しているかなと期待していたのだけど。
 次に、酒売場をチェック。店が狭いからだろう、お酒も申し訳程度に置かれているのみ。一応「湘南」の4合壜はあったけど、カップ酒はワンカップ大関と白鶴まる(昔からあるほう)のみ。ついては、何も買わず。
 寿司も惣菜コーナーに間借りしている感じ。それでも一応握り・ちらし・助六・・・と一通りのものは揃っていた。ここでは基本アイテム、冬の握り・花祭り(569円)と、惣菜の中から白和え(198円)を購入した(同時購入品:横浜市が発売しているボトルドウォーター「はまっ子どうし」、野菜ジュース、使い捨てカイロ)。レジのお姉さん、握り寿司と惣菜が持ち歩くうちに傾いて寄らないよう、袋に入れてきっちり縛り、セロテープで留めてくれた。こういう心遣いは嬉しいでござる。
 店を出てすぐのところに酒屋があり、カップ酒自販機では個人的に未飲の「白雪」純米カップが売られていた。買おうかどうしようか思案したものの、この時季のカップ酒自販機、加温販売の可能性が高いからどうも躊躇してしまう。ついては、本日の昼は酒抜き。
 昼食会場は、ここからそう遠くない湘南海岸公園で。もちろん、目の前は海。しっかし、このクソ寒いのにサーファーさんが多いですなあ。私も海を眺めつつ寿司をつまもうと思っていたのだが、「水の広場」という場所(水は涸れていたが)がなぜか人気なくガランとしていたので、これ幸いと腰を下ろす。海は見えないけどまあいいや。

 寿司ネタの中で地元素材に近いのは、アジくらいか。しかしどのネタも結構生きがよく、美味しくいただけた。まあ値段もスーパーの寿司としてはそれなりだからね。
| スーパーの寿司を喰い倒す | 20:38 | comments(0) | |
スポンサーサイト
| - | 20:38 | - | |