CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
カウンター
ブログパーツUL5
最近のエントリー
最近のコメント
カテゴリ
アーカイブ
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

自棄じゃけん。

自棄酒マンのブログ。
<< トロたく巻@スズキヤ葉山店 | main | エコになりきれない、エコバッグ生活 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | |
結局呑み過ぎてしまったぢゃまいか

招徳 夏の戯れ 本醸造生貯 240ml 378円(スズキヤ葉山店)
湯豆腐

 240ml壜というのはまだスーパーで見かける機会はほとんどないように思うが、たとえば「はせがわ酒店」のサイトとかを見るとあちこちの蔵元が採用しているようだ。まあ、例によってどこかに仕掛け人がいるのだろう。
 さて、240という容量である。これはあくまで私の価値観による評価だが、所謂牾案櫃澂瓩砲老觜修いいもしれない。カップ酒1本だとちょっと呑み足りないかな、てことがよくあるので。しかし、自分の家などで腰を据えて呑むとなると、なんていうか非常に中途半端な量に思うのだ。たとえば↑のように湯豆腐を肴に呑もうなどという時には、私の場合最低でも3デシ壜が欲しい。あるいはきちんと量をはかって2合くらい。240mlは少ないよ。
 えーと、つまり何を申し上げたいかというと、この後「高清水」の紙パックを引っ張り出してきて上燗つけて呑みました、ということである。なぜ唐突に「高清水」が出てくるか、まあこんな日がくることもあると思って近所のスーパーで紙パック酒を物色していて、自分は「菊正宗」上撰本醸造パック(今ならイケてる携帯ストラップがおまけで付いてくる)を手に取りカゴに入れたはずなのに、帰ってきて袋から出してみたらあ〜らビックリ、間違って「高清水」を買っていた次第である。レジを打ってもらっている間にも気がつかないのだから相当なトンマとしか言いようがない。このように私、不注意が服を着て歩いているようなものだから早晩クルマにはねられてコロっと逝ってしまわぬとも限らない。だから元気なうちにいっぱい呑んでおかねばならないわけだ。
 で、望まれずに買われた可哀相な「高清水」なのですが、結構旨かったです。「招徳」のほうがキリッ(というかピリッ)と辛口だったので、秋田酒のもっさりまったり感が心地よかったりしたものだ。
| 小壜。 | 19:47 | comments(0) | |
スポンサーサイト
| - | 19:47 | - | |