CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
カウンター
ブログパーツUL5
最近のエントリー
最近のコメント
カテゴリ
アーカイブ
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

自棄じゃけん。

自棄酒マンのブログ。
<< 一本しか写っていないのには理由があります(泪) | main | トロたく巻@スズキヤ葉山店 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | |
小田原ダッシュ
 小田急線が午前中に人身事故があってストップしたのは知っていたが、まさか夕方までダイヤが乱れているとは思いもよらなかった。いつも乗っている17時○×分の列車、10分遅れでやってきた。こうなると、小田原での東海道線への乗り継ぎ時間が非常にタイトになる。電車を降りてからのバスの接続やなにやを考えると、1本後の東海道線電車にはできるだけ乗りたくない。ということでそわそわしながら小田原到着を待つ。ホームに滑り込んだのが、東海道線電車の発車1分15秒前くらい。幸い、まだあちらのホームに電車はやってきていない。よし、狆田原ダッシュ瓩魴莵圓垢襪海箸砲靴茲Α
 ドアが開く。まだ半分くらいしか開いていないところで体を半身にして飛び降り、目の前の階段を猛然と(2段ずつ)駆け上がる。スピードを殺すことなく改札内通路を駆け抜け小田急改札をすり抜ける(ICカードだとこういうとき非常に助かる。磁気カードで改札を抜けるには、どうしてもスピードを緩めざるを得ない)。左折して自由通路の人波を掻き分け、右手の東海道線改札をすり抜けてエスカレータを駆け下りれば、いつもの電車がまさにドアを開けたところであった。間に合いました。

 まあ、年に何回かは小田急が遅れたときに狆田原ダッシュ瓩鬚笋襪錣韻任后これに成功するたびに爛錺靴發泙世泙澄並領賄に)やれる瓩海箸鮗卒兇任たりするわけで、そういう意味では小田急様に感謝しなくてはならないかもしれません。なによりも、誰に命令されるわけでなく己の意志のみで、かつ警備に取り囲まれることもなく走ることができたのは実に爽やかで素晴らしいことでありましたとさ。

 
| 小田原 | 21:12 | comments(0) | |
スポンサーサイト
| - | 21:12 | - | |