CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
カウンター
ブログパーツUL5
最近のエントリー
最近のコメント
カテゴリ
アーカイブ
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

自棄じゃけん。

自棄酒マンのブログ。
<< 墓参りに行ってきた | main | ついてねぇな〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | |
沼津駅前の再開発ビル
 が、昨日ついにオープンしたので、早速観に行った。

 「イーラde」という、一応地元の方言から採ったらしいがあんまりなネーミングのビル。de瓩鯢佞韻覦嫐がどうもよくわからん。ちなみに、写真では少しわかりにくいがビル低層部分左上の爛ぁ璽de瓩離蹈瓦劉燹辞瓩中途半端にカッコつけて斜め棒になっているおかげで、見ようによっては爛ぅ悒de瓩汎匹瓩討靴泙Αついついヘライデライデライデライデライデヲ〜 て口ずさみたくなる。
 さて、当ビルにおける私の最大の関心事は、これであった。

 しずてつストア、県東部初進出。いっそのこと沼津地区の路線バスも全部しずてつジャストラインに置き換わればいいのに、というのは冗談ですが、微妙に高級路線のしずてつストアが沼津の土地に馴染むのか。そして日本酒売場は?
 開店2日目の午後。はい、大混雑でした。さすがに、西武デパートの食品売場や富士急ビル地下のキミサワなどに比べピカピカで明るい店内。まあ、良質な分値段もそれなりの商品が多かろうから、キミサワあたりとは客の棲み分けができるのではなかろうか。西武のお客はこっちに流れそうな気もする。
 問題の、日本酒売場。静岡県の地酒がかなり優遇され、大き目の冷蔵ケースで3デシ〜1升壜まで売られていた。扱い銘柄は「花の舞」(試飲販売もしていた)「富士錦」「白隠正宗」「開運」といったお馴染みのものから「静ごころ」「若竹」、県東部のスーパーでは珍しめのもので「正雪」「忠正」といったところ。まあまあ、最低限のラインは押さえていよう(西武の酒売場より県内ブランドの品揃えは数段いい)。しかし、もう一歩踏み込んで扱い銘柄を増やして欲しかったというのが率直な感想である。たとえば、「萩錦」(静岡市内の店舗では普通に置いてある)とか「牧水=田子乃富士」(当然しずてつストアとの付き合いは過去まったくなかったろうが、やはり地元の蔵元だし)あたりを。でもまあ、これからは「正雪」の3デシ壜と惣菜を買い込んで狩野川の畔で一杯・・・なんてことが気軽にできるようになったわけで、なかなか有難い話である。
 ちなみに当店のワイン売場は、静岡市に本社をもつ「ヴィノスなんたら」というお店がテナントとして入り担当。あ〜あ、またしてもワインだけかいな。もはや完全にワイン屋さんになっちゃいましたね。
| スーパーの酒 | 21:27 | comments(3) | |
スポンサーサイト
| - | 21:27 | - | |
沼津にはあおきなどもあるので沼津に馴染まないってのはどうかと思いますが。
| | 2009/01/18 5:32 PM |
どうもご無沙汰しております。
私も年に十回以上は静岡県に足を踏み入れていると思うのですが、人々が方言を用いているという印象がどうもなく、したがって「いーら」とか「ずら」だとかをことさらに強調することに対してはあまり実感が湧かなかったりします。
| 自棄酒マン | 2008/03/25 10:05 PM |
ご無沙汰いたしております。時々覗かせてはいただいておりましたが、お目汚しのコメントを書き込むのは久々のような気がいたします。

友人の同僚がヤマハに勤めていたらしいのですが、そこの社員マニュアルには
「えぇら、えぇら」などの方言をビジネスの場で使わない
という項目があったそうです。
| メカパンダ | 2008/03/22 11:32 PM |