CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
カウンター
ブログパーツUL5
最近のエントリー
最近のコメント
カテゴリ
アーカイブ
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

自棄じゃけん。

自棄酒マンのブログ。
<< 今年最初に飲んだ日本酒 | main | まいりました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | |
いくらなんでも
 昨年飲んだ小壜酒で是非とも紹介せねばならぬものがあったことを忘れていた。
 このお酒、店頭で見つけたとき、プライスカードの値付けが間違っているのではないかと訝ったのだが、商品を手に取りレジに持って行き、改めてレシートを確かめてみたところ値札どおりだった。

よしのとも 純米山廃古酒 252円!(税込:まるい食遊館溝口)
 このご時世、純米の小壜・カップに300円以上の値を付けるのがちっとも珍しくないというのに。さらに、山廃で、古酒である。それでこの値段。安すぎ。
 まあ「よしのとも」といえば以前から180ml缶入り純米酒を230円(税別)で売っていたりして、ここの蔵元にとっては純米酒イコール普通酒との認識でいるのに違いないからこそ可能な価格なのだろう。
 さて、飲んでみましょう。

 うーん、これは素晴らしい。もう日本酒の古酒にしか出せない味わい。ガツガツ飲むのではなく、口の中に残る余韻を愉しみながら嗜みたい酒である(といいつつ、あっさり1本空けてしまったが)。肉料理や中華料理にも合うだろうが、酒だけで充分愉しめる。ナイトキャップにもいいだろう。
 ふと、思った。かつて品川に日本酒古酒専門のバーが誕生したとき、なんというかカッコつけていていけ好かないという心持ちがしたものだが、こうしてみるとやはり理に適っているのだろうな。とはいえそういうお店で飲めば当然それなりに懐は痛むから、私のような貧乏性な人間としては当品のようなお値打ち品を酒屋さんで見つけて宅飲みするほうが性に合っている。
 そこで改めて蔵元サイトの価格表を眺めているのだが・・・この「山廃古酒」の720ml壜の価格が税別1400円とある(180ml壜は不掲載)。ということは、この小壜を4本買ったほうが安く上がるということになるな。もしかしたら上記小売価格はまるい食遊館独自のものだったのかも。
| 小壜。 | 10:20 | comments(0) | |
スポンサーサイト
| - | 10:20 | - | |