CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
カウンター
ブログパーツUL5
最近のエントリー
最近のコメント
カテゴリ
アーカイブ
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

自棄じゃけん。

自棄酒マンのブログ。
<< 富水駅前に池 | main | サバ押し寿司@ヤオハン熱海多賀店 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | |
稲荷+ネギとろ巻+サケとろ巻@マルヤ川間店
(5月8日取材)
 東武野田線川間駅。川を越えればもう埼玉という、千葉県側の西外れの駅。ここへは昨年か一昨年だったかは記憶が定かでないが、駅近辺のスーパーの酒売場を覗いていったことがあった。それ以来の訪問。
 かつてマルエツがあったところ、「生鮮館マルゴ」というスーパーに変わっていた。江戸川向かいの埼玉県春日部に本社がある小規模なスーパーチェーンのようだ。基本的にマルエツ時代のハコをそのまま使用しているので店内広くて清潔。寿司コーナー、廉価な握り詰め合わせがあり、見た感じはちゃんとしたデキのようではあったが製造時刻が表示されていなかったため(店に入ったのが正午過ぎ、どんなに時間が経っていてもせいぜい3時間くらい前だとは思うのだけど、まあお店の姿勢の問題ということで)見送り。
 マルゴの道路斜め向かいにあるのが「マルヤ川間店」。マルヤは東証上場企業、店舗の数も多い。当然のことながら新しい店舗は綺麗である。しかしここ川間店、昭和50年代くらいの建物であろう、「川間ショッピングセンター」なる店頭看板は色褪せていた。はっきりいって、外回りはくたびれている(店外にある男子トイレのくたびれ具合はちょっとした見もの)。で、店内に一歩入ればユーロビートががんがん流れていて、ちょっぴりタイムスリップした気分を味わえよう。
 こちらの寿司売場、というか惣菜コーナー。寿司商品は稲荷と巻物のみ、握りはなし。正直これからの季節、品質保持の観点からも必要以上に握りに固執するのもどうかとも思うので、ありがたく稲荷と巻物(バイキングスタイル)を購入、川間駅前のベンチで喰う。ローカル線の駅前ではこういうことしても特に目立たないので助かる。

稲荷 150円
 ピンとはボケているが、味はぼけてない。稲荷はこれくらいのボリュームが丁度いい。

ねぎトロ巻、さけトロ巻 各105円
 これまたひどくボケているが、どちらもトロトロして旨かった。
| スーパーの寿司を喰い倒す | 20:32 | comments(0) | |
スポンサーサイト
| - | 20:32 | - | |