CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
カウンター
ブログパーツUL5
最近のエントリー
最近のコメント
カテゴリ
アーカイブ
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

自棄じゃけん。

自棄酒マンのブログ。
<< 寿司@スーパーイシクマ | main | トラウトサーモン押し寿司+太巻寿司(田舎巻)@フレッセイ石原店 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | |
古酒・・・

静ごころ 上撰(300ml 370円)
なすと油揚げの煮物

 昨日、清水区三保のスーパーイシクマで買ってきた「静ごころ」の上撰酒。このクラスならカップ酒でも供されているからあえて手を出す必要もないといえるのだが。
 ちなみに、この商品の壜詰年月は平成18年2月。ここのスーパーで売られていた日本酒商品の大部分は昨年の年月が刻印されていた。
 これは全国の田舎酒屋の大部分に当てはまると思うのだけど、商品の回転が圧倒的に悪いから、前酒造年度の商品が当たり前に売られているのである。さりとて新年度の商品が出来上がったタイミングで古い商品を返品or廃棄するってのは難しいのだろうねえ。
 無論、古い日本酒が化けるケースもないではないが(この「静ごころ」の1年ものに関しては残念ながら化けず。しかし元の造りがしっかりしているからか、ひと口目は老ねを感じたもののふた口目以降は案外すんなり飲めた)よほどしっかり管理しない限り出荷時の品質は保持できまい。で、たまたまそういう古い酒を口にしてしまった人が狷本酒なんてこんなものか瓩隼廚すんで以後敬遠してしまうのがいちばん怖い。
 じゃあ、どうすればいいの?と問われても、あたしにゃあ妙案は思い浮かばんのですが。
| 昼くらい(極力)ベジタリアン生活。 | 14:31 | comments(0) | |
スポンサーサイト
| - | 14:31 | - | |