CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
カウンター
ブログパーツUL5
最近のエントリー
最近のコメント
カテゴリ
アーカイブ
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

自棄じゃけん。

自棄酒マンのブログ。
<< 大学時代の先輩・同輩と | main | 「雪の松島」の酒粕 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | |
時代は変わった
 昨日横浜に行った折、久し振りに寿ドヤ街を訪問してきた。
 土曜日ということもあり、一杯呑み屋は朝から大繁盛。あ、あっちのほうの呑み屋さんの前にも人だかりが・・・それはさておき。
 前回最終訪問時はたしか2年前の春だった。その後カップ酒事情が激変する中、店頭に自販機を置く酒屋さん、殊に「山多屋酒店」に変化が起きているだろうか。
 やはり、変わっていました。2年前、自販機で売られているカップ酒日本酒は全アイテムが糖類添加だったが(ワンカップ大関ですら、<当時は>糖添の「エクストラ」だけだったはず)、今やあの「ワンカップ大関プレミアム大吟醸」が売られておったわい。時代は変わりましたなぁ。
 ところでわが神奈川県、7月1日より施行の「神奈川県青少年喫煙飲酒防止条例」により、来年7月以降「自動販売機によりたばこ又は酒類を購入しようとする者の年齢を確認するために必要な措置を講じなければならない」とされている。すなわち、運転免許書等による年齢認証を県ぐるみで義務付けるということだ。上記「山多屋酒店」でも既に缶ビール・チューハイ(一部カップ酒)を売る大型多セレ自販機には免許証認証式のものが導入されていた。さて、問題は私が愛してやまぬカップ酒自販機の運命である。東日本ではかなり虫の息状態となっている(特に東北。たとえば山形県内では酒屋店頭ではほぼ絶滅状態。ただしビジネスホテルのロビーなどにはしぶとく生息している)中において、神奈川県はまだ比較的カップ酒自販機が稼動している。それらにわざわざ年齢認証装置を取り付けるとは考え難いから、いよいよ来年夏までの命となるのであろうか。
| カップ。 | 10:38 | comments(2) | |
スポンサーサイト
| - | 10:38 | - | |
お上の言い分としては「自販機なんか使わないで直接店で買え」ってことなんでしょうが、それはお店の側としても死活問題になりますね。で、各地に設置されている免許証認証式の大型自販機をひとつひとつチェックしてみるとわかるのですが、おおよそ3分の1くらいの自販機において、免許証を読み込ませていないにもかかわらず購入オー・・・これ以上は当局に怒られそうなので書けまへん。
| 自棄酒マン | 2007/03/12 1:28 PM |
運転免許証を持っていないと買えなくなるとゆうことは、こ
こらのおとーさんの半数以上が買えなくなるんじゃないのかな?
| 泥酔院 | 2007/03/12 8:54 AM |