CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
カウンター
ブログパーツUL5
最近のエントリー
最近のコメント
カテゴリ
アーカイブ
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

自棄じゃけん。

自棄酒マンのブログ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | |
秘境
 来月11日、津久井郡城山町・藤野町が相模原市と合併する。昨年既に津久井町・相模湖町が合併しているから、これで「津久井郡」が消滅し、一大狒衞聾仰觜餃瓩誕生することになる。元々相模原との繋がりが強かったであろう城山・津久井が合併するのはともかく、正直相模湖や藤野が狒衞聾境瓩噺討个譴襪里呂いがなものなのだろか。いっそのこと、ベタではあるが「北さがみ市」とかいう名前にすればいいのに。
 ともあれ、来月には相模原市になってしまう藤野町である。山岳自治体らしく、酒屋の数はそれなりに、それもかなり奥まった場所に点在しているようだ(同タイプの町、山北にも似たような傾向がある)。それらを1日で全部回るのは(バスの本数の制約等の理由により)到底無理なので、とりあえず今回は中央本線の北側、大字佐野川にある酒屋を訪ねることにする。
 JR藤野駅から出ている「和田」行きバスは、陣馬山へのハイカーがよく利用する路線として知られている。で、藤野町佐野川にある「小沢商店」の場所は、インターネットタウンページに掲載されている地図(mapion提供)によると、終点の和田バス停からさらに山奥に分け入ったところのようなのだ。地図で見る限り、相当な秘境としかいいようがない。
 ところが、念のためgoogleマップ(ゼンリン提供)で店の住所を入力し検索してみたところ、上記位置とはまったく異なる場所―一応バス路線上であるがはるかに手前の、そこそこ人の気の多そうな場所が示されたのであった。つまり、どちらかの情報が誤っているということだ(時々こういう経験をするが、間違っているのはgoogleマップであるケースが多い)。こうなったら現地を訪ねて直接確認するしかない。
 土曜日14時05分発の和田行きバス、乗客は最初から最後まで私ひとり。1本前のバス(昼飯調達のため見送った)は始発から数名乗っていたのに。藤野駅を出たバスはすぐに細くて長い澤井トンネルを潜り、山間の集落を抜けて行く。途中酒屋が2軒ほどあるのを車窓から確認。人口密度に比して酒屋の数が多いように感じられるが、このあたりでは単なる酒屋ではなく、食料品店としての役割を兼ねているのだろう。
 googleマップで表示された場所にきた。酒屋らしきものはない。通過。
 ここから、本格的な山道となった。人家は途絶え、道幅も狭くなる。なんだか、とんでもないところまで来てしまった心持ちである。やがてふたたび道幅が広くなり、いかにも山里然とした集落にさしかかると間もなく終点和田。
 mapion地図による小沢商店の場所は、バス停から500メートルほど峠道(一応県道)を遡ったところを示している。とにかくその方向に向かって歩き始めたが、酒屋らしき物件は見えない。一応人家は結構な軒数あるのだが(それはそれで驚きであった)。
 陣馬山へ登る登山道の道標がある。県道はこの先左手に折れ、地図によればうねうねと曲がりながら和田峠に達するようだ。しかし、私の些少な経験値からは、こんな場所に酒屋があるなどという結論はどうしても導き出せない。もしかしたら先ほど通ってきた(googleで表示された)場所に店があったがもう閉店してしまったのかもしれない。とにかくあの曲がり角を曲がってみて、何もなければ引き返すことにしよう。
 あ。

続きを読む >>
| 酒屋奥地紀行 | 16:09 | comments(0) | |
目の前が湖
 という酒屋さんはもちろん各地にあるだろうが、相模原市相模湖町大字寸沢嵐(すわらし)、沼本地区にある酒屋さんは、津久井湖の入口に道志川が注ぎ込むあたり、半島のように突き出た場所にあるのだ。と言葉では上手く説明できないのだが、地図を眺めると非常に魅力的なロケーションなのである。
 現地へは三ヶ木のバスターミナルから相模湖方面に歩き(国道を避けて旧道を行くと気持ちいい)国道に合流し高くて長い道志橋を渡り、左に折れて急坂を下り、さっき渡った橋の下を潜ると行くことができる。

 写真、左前方が目指す沼本集落である。
続きを読む >>
| 酒屋奥地紀行 | 22:13 | comments(0) | |
函南町軽井沢
 神奈川県で生活していると公共交通で不便を感じることはほとんどないが、静岡県、特に東部に目を移せば、数年前に路線バスの便が廃止されてしまった地域もかなりあるようだ。本日はそのうちのひとつ、田方郡函南町軽井沢(かるいさわ)へ。なかなか洒落た名の集落だが歴史は古い。そういえばこちらの軽井沢も、そう遠くない場所に別荘地(南箱根ダイヤランド)がある。
 ダイヤランドといえば何年くらい前までだったろう、熱海駅から1日1往復のみ路線バスが通じていて、私も一度だけ乗ったことがある。ダイヤランドからは丹那集落の入口、角屋前バス停とを結ぶ無料シャトルバスがあり、角屋前でしばし待てばたぶん軽井沢方面からやってくるバスで三島方面に行くことができた。ダイヤランドのシャトルバスは運行範囲を拡大して住民の足として活躍しているそうだが、昨今は“よそ者”の利用は制限していると聞く。
 私がこれから向かおうとしている軽井沢、“最寄駅”のJR函南からは5km以上はあるだろうか。先述のとおり、駅と集落とを結ぶ路線バスは廃止された。さりとてタクシーなど使いたくない。5kmくらいなら歩くのも苦にはならないけど、同じ道を引き返すのは芸がなく辛い。良案はないかと地図とにらめっこすることしばし。熱海市と函南町の境界にある「熱海峠」を起点として山道を歩けば4.3kmほど(マピオンの経路検索結果)で軽井沢に行けることがわかった。さらに調べるとこの道(県道11号熱海函南線旧道)、新道(熱函道路)が開通するまでは熱海と函南を結ぶメインルートであり、現在もツーリングなどでは人気のある道のようである。ネットで検索するとこの道を歩いた記録も結構ヒットした。熱海峠なら熱海発箱根行きのバスのルート上にあり、バスの本数も結構ある。天気もいいことだし、熱海峠→軽井沢→函南駅と歩くことにしよう。行程は2時間くらいみておけばいいかな。

続きを読む >>
| 酒屋奥地紀行 | 22:46 | comments(0) | |
みくるべ
 と、湘南神奈交バスのLED行先表示には記されています。もう何十年にもわたってこの表記でありますが(バス会社は以前は箱根登山だった)、漢字では「三廻部」となります。ちゃんとIMEで一発変換できます。そういえばたしか去年あたり拙サイトの日記で当地について狎涕信夫が訪れた瓩判颪い燭隼廚Δ里任垢、気になって改めて調べたところ、昔三廻部郷に住んでいた三廻部氏のことを言及していただけで、当地を訪ねたという記述はありませんでした(『山越しの阿彌陀像の畫因』)。現在三廻部に三廻部さんは住んでいません。その代わり、井上さんともうひとつの名字が大部分を占めていて、井上さんのほうは酒屋さんを営んでいるというわけです。そんなわけで、小4の秋の遠足以来30年ぶり、秦野市三廻部を訪ねてきました。
 
続きを読む >>
| 酒屋奥地紀行 | 16:48 | comments(0) | |
山北町奥地の酒屋
 天気はいいし強風も止んだ。久し振りに丹沢湖でも見に行こう。
 丹沢湖のある足柄上郡山北町、広い町域に酒屋が点在しているが、丹沢湖の周囲にも3軒(うち2軒は大字中川、もう1軒は玄倉(くろくら)あるようだ。そこでまず中川までバスで登り、あとはぶらぶら歩いて玄倉を目指すことにした。

続きを読む >>
| 酒屋奥地紀行 | 21:26 | comments(1) | |
| 1/2PAGES | >>