CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
カウンター
ブログパーツUL5
最近のエントリー
最近のコメント
カテゴリ
アーカイブ
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

自棄じゃけん。

自棄酒マンのブログ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | |
人さまのこととやかく言える身分じゃないんですけどね
 先月開通した横浜市営地下鉄グリーンラインに、初めて乗ってきた。
 まあ、地下鉄なので、車窓風景を愉しむとかいうことはない。その代わり、新車ならではの狷い瓩気持ちよかった。一方で気になったのが、従来線(ブルーライン)との接続駅であるセンター南・センター北両駅ホームにおける乗換え案内表示の不備。両線を乗り換えるには階段(エスカレータ・エレベータ)でコンコースに登るわけだが、階段等の登り口には「出口」の表記しかない。まあ毎日利用している人たちには別にどうということのない問題なのだろうけれど、なまじ東京の地下鉄なんかに乗り慣れている人たちは、別に乗り換え専用階段があるのではないかと探してしまうのではないだろうか。いや、私も一瞬探したので。
 さて、グリーンラインを高田駅で降り、向かった先はスーパー「ウイズ高田店」。いざ実地を歩いてみると、地下鉄開通前の当地がまさに猯Δ慮錨膈瓩任△辰燭海箸鮗卒兇任る。
 今日は、先月新横浜のいかりスーパーマーケットで買った「龍力」の本醸造カップを持ってきている。やはり港北区で買った酒は港北区内で呑まなくてはと思ったわけではないけれど、とりあえずつまみとしてシューマイ・ポテトサラダ・ネギとろ巻(計656円
)を調達した。
 ここからが大変だった。近場に、公園らしい公園がないのである。地図を見る限りでは住宅地の合間に小公園が点在はしているようなのだが、そこに向かうには結構急な坂を登る必要がある。今日のような初夏の陽気の日には無駄に体力を消耗したくないのでそれは避けたい。ということで川沿いを歩き回ること小一時間(結局体力消耗した)、とあるマンション前にちょっとしたポケットパークをようやく発見。土地勘がないためここがどこなのかはまったくわからないが、こういう場所らしい。

 東屋風の休み処で「龍力」カップを呑む。結構人の往来があるのでやや恥ずかしかったが、一旦酒が入ってしまうと気が大きくなりどうでもよくなるのは毎度のことである。
 そんなことより気になったのは、ノーリードで犬を散歩させている住民がやたら多いこと。感心しないわ。
| カップ。 | 20:56 | comments(0) | |
あー早くオトナになってカップ酒呑みたいなぁ〜

| カップ。 | 16:10 | comments(0) | |
ついてねぇな〜
 ここのところ、通勤(?)時間に決まって悪天候に襲われる。
 昨日の朝、家で身支度しているときは雨がほとんどあがっていたのに、いざ家を出て数分もしないうちに俄かに雨風が強まり、結構濡れてしまった。
 そして今夕。たしかに天気予報ではにわか雨の可能性を伝えていたが、小田原にいる時点では空には少し雲がかかっていた程度(ただし、その雲は今思えば積乱雲であったな)。ところが東海道線に乗り国府津に着いたところで雷ゴロゴロ。二宮で電車を降り改札を出たあたりで、轟音と共に空からヒョウが落ちてきた(いや、あられかもしれない)。ヒョウにせよあられにせよ、何年かに1回くらいしか見ることができないからラッキーとも言えなくはないが、バスを降りて家に向かう頃には再び雨に変わり、靴の中ズブ濡れ。もう散々。
 このまま悪運を引きずってはたまらない。カップ酒でも呑んで運気向上を願うとしよう。
| カップ。 | 22:21 | comments(0) | |
墓参りに行ってきた
 母がヱビスビールが好きだったので、墓前に供えて、と。
 ふとはす向かいのお墓を見ると、「丹沢山」のカップ酒が供えられていた。なかなかわかってるじゃありませんか。
 さらにその5つくらい隣には、「○正■ ト●プ△ン」が・・・。うーん、もちろん、生前馴れ親しんでいたお酒をお供えするのがいちばんですけどね。
| カップ。 | 21:21 | comments(0) | |
廃墟の前で、廃蔵元のカップ酒を呑む。(キザ)
 本当は、ここの前で呑むつもりだったンスけどね。

 遂に風車部分は取り外されてしまった。敷地内ではおじさんたちが作業中。早晩土台部分も解体されてしまうのだろうか(跡地はドライブインになる計画のようだが)。
 しかしまあ、乙女峠から御殿場に下る道、歩道には雪がわんさか積もっていて一部凍結状態。もしここで酒など呑んだら帰りに下り道で足取られて大惨事になったろう。
 ということで、町まで降りて御殿場のもうひとつの有名廃墟物件の前で、廃蔵元のカップ酒を呑む。





「吟雪 上撰本醸造」は今月5日、東急港北SCで見つけてきたもの。2007年3月出荷品ということで若干老ねは感じられたものの、しっかりした飲み応えの美味しいお酒だった。惜しいことです。
| カップ。 | 14:13 | comments(2) | |
| 1/2PAGES | >>