CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
カウンター
ブログパーツUL5
最近のエントリー
最近のコメント
カテゴリ
アーカイブ
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

自棄じゃけん。

自棄酒マンのブログ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | |
もう、昨日の話です
 珍しく更新しようという気になったときに限ってサーバーがダウンしやがる。まったく相変わらず引きが弱いです。

 たまの晴れ間は大事にしなくちゃいけないと思い、お出かけしました。調査対象地域でももっとも西端にあたる、静岡県湖西市。
 で、酒屋のあるあたりからはちょっと外れますが、せっかくですので「道の駅 潮見坂」まで足を延ばして昼飯。

 おかずをアラカルトで取る方式(定食や丼ものもあるが)。これで750円。浜名湖で獲れたあさりの味噌汁が名物だそうで実際旨かったが、地元産大根のサラダがシャキシャキしてとても美味しかった。
 おまけ。

 人懐こいのは大いに結構なのですが、この後、駅前で客待ち中のタクシーに勝手に乗り込んで、運ちゃんに叱られてました。
| 外食 | 07:54 | comments(0) | |
災い転じて福(ってほどのもんでもない)
 関東のみなさま、今日は参りましたね。私もバスを待つ間に暴風に傘をやられてしまうわ、ずぶ濡れになりつつバスを待つも全然来ないわ、電車はちっとも動かないわで大いに消耗しました。
 とにかく来たバスを捕まえて、結局仕事場とは反対の方向、すなわち平塚まで行ってしまいました。なんか昨日も来たような気もするのですが。で、せっかくここまで来たのだから昼飯でも喰おうと思い、駅前の「老郷」でタンメン+餃子。結構久しぶり。初めて喰ったときは爐覆鵑犬礇灰譴廊瓩隼廚辰燭發里任垢今日は旨い旨い。あの頼りなげな麺も結局あの酸っぱい汁にマッチしているということでしょう。幸せな気分になりました。
 まあ、ここんとこ雨にやられてばっかりで本当ツキに見放されていますが、もしこれが1日遅かったらもっと悲惨だったわけで。以下は明日。
| 外食 | 21:14 | comments(0) | |
昨晩飲み過ぎまして
 朝から宿酔で不調。今頃になってようやく回復してきました。

 私の大学の一期上の先輩が飲食店経営の会社を起業した。で、経営するお店のうちの一軒、神楽坂の「大漁舟盛酒場 時分時」に昨晩先輩・同輩たちとお邪魔してご馳走になってきた。
 このお店の目玉は、店名が示すとおりドカンと出てくる舟盛。

 とにかくボリュームも凄いが、各ネタの活きの良さも文句なし。とにかくガツガツ食べて、刺身で食べるのに飽きたら手巻き寿司や漁師鍋に仕立てて、と一度に3回楽しめるスタイル。先輩に伺ったところ、札幌にある同業態のお店を参考にされたそうで、今後も地方独特の外食文化を発掘し、東京に紹介したいと話されていた。日頃田舎のスーパー巡りに精を出す私にも大いに共感できた。
 さて、食べ物は旨いし久しぶりの集まりで話に花が咲くしですっかり気分良くなり、ビールから日本酒にチェンジ。地酒は北海道のブランドを数種ラインナップ、その中から「國稀 北海鬼ころし」を。かつて札幌の居酒屋で何度か飲んだことがあり、私にとっても馴染み深いお酒だ。数年ぶりに飲んだが、やはり美味しい。鬼ころしというくらいだから数値的には辛口のはずだが実際にはかなり甘く唎け、飲めば飲むほど旨さを感じられる。そんなわけで何杯もおかわりしてしまったわけで(このあたりから記憶が曖昧に)。
 神楽坂のお店を辞去し、今度はやはり私の同期の男が経営している阿佐ヶ谷のバーに行こうということになった。ところが、いつの間にか私は一行からはぐれてしまい、どこかの駅のホームに独りポツンと佇んでいたように思うのだがその後再び記憶を失い、気がつけば小田急秦野駅のホームにいた。幸い、終電には間に合い小田原に帰り着くことはできた。しかし、私が酔っ払っていろんなことをやらかしているのをよくご承知の方々なので、随分心配かけてしまったようだ。この場を借りてお詫び申し上げます。
| 外食 | 23:33 | comments(0) | |
喰ってる途中で写真撮ったので写りがキタナイです

大船軒(大船駅改札内コンコース)の三色そば 360円+鰺の押寿司(2カン)210円
 最近は完全に自分の舌が「箱根そば」の麺の味に馴染んでしまっているので、爐△犬気ぬ有瓩呂舛腓辰・・・なのですが、鰺押寿司がちょっとだけ食べられるのはまあ嬉しいです。
 そうそう、話はすっかり山陰に飛ぶが米子駅名物の吾左衛門寿司、あれを1本買いするのは庶民にはとても手が出ないが(やや大袈裟)、駅構内のうどん屋で2カン付きのセットを頼むがよろしいわけです。あー久し振りに喰いたくなった。
 
| 外食 | 20:38 | comments(0) | |
ここまできてタカアシガニ喰わんでどうするの
 ちょっとしたはずみで、西伊豆・戸田まで来てしまった。これまで高速船の窓越しに町並みを拝見したことがあっただけで、上陸したのは初めてである。といっても船に乗ってきたわけではなく(帰りは船で沼津に出たが)、修善寺からバスに乗って戸田峠を越えて。それにしても、峠からの下り道、駿河湾と戸田の集落を見下ろす車窓風景は素晴らしすぎる。
 さて、せっかくここまで来たなら他に喰うべきものもあるだろうに、やっぱりスーパーに入ってしまいました。くみあいマーケット戸田店、所謂Aコープです。
 いつもの習性でおにぎりをチェックしたが、外部の業者製。その代わり、地元の弁当屋「みなと」のお弁当が置いてあったので、そちらを買った。なお蛇足ながら、レジのおばちゃんの客あしらいは、漁師町に来たことを実感させるものであった。

魚フライ弁当 472円
 ホカ弁屋にあるような何の変哲もない弁当であるが、これがなかなか旨かった。どこがどう旨いのかと問われても答えに窮するのだが、とにかく真面目に作っているのがわかる。考えるに、戸田のような決して広いとはいえぬコミュニティの中で商売を続けるには地元のお得意様を裏切らないことが肝要なのだろう。ふと、日本酒のことが頭をよぎったが、まあ弁当と一緒くたにすることはできないですね。
| 外食 | 20:25 | comments(0) | |
| 1/7PAGES | >>